てつねこくおりてぃ

私の好きなことを書くブログ

【エッセイ】夢で会えたら

f:id:tetuneco:20161231140141j:plain

 

今日、珍しく高校時代の彼が夢に出てきた。彼の姿を見るのは、何年振りだろう。夢の中で何をしていたのか、はっきりとは思い出せないが、楽しい時間だったような気がする。彼は笑っていたし、空は晴れていた。

おまけに、知らない男性に食事にも連れて行ってもらっていたようだ。あれは誰だったんだろう。

ああそれにしても、なんとまあ、夢見のいい日なんだろう。目覚めの気分も良い。

 

いつもの私の夢は、こんなものではない。

いつもいつも、奇想天外な夢、怖い夢、摩訶不思議な夢ばかりだ。

小さいころの夢では、戦隊モノの隊員となり、もちろんピンクに変身して、洞窟に怪獣を追い込んで戦い、怪獣と戦うのは怖いもんだなと思ったり、大きな大根や人参でできた遊園地に行ったが、高所恐怖症でどれにも乗れなかったりした。

大人になってからも、急に現れたドーベルマンに追いかけ回され、松葉杖で応戦したり、やったこともない柔道に挑戦し、見事背負い投げを決めたり、ああそうだ、なぜか父が阪神タイガースの二軍監督になり、阪神タイガースのジャンパーを着てスタジアムに登場するというものもあった。

奇妙な夢の数々に、我ながら首を傾げたくもなるが、今日の彼しかり、思いがけなく懐かしい人に会えるのは、夢のいいところだ。

 

ずいぶん前になるが、職場の研修で苦しんでいた時、医師を目指して勉学に励んでいたにもかかわらず、志半ばで病に倒れた友人が夢に現れ、頑張ってと励ましてくれたことがあった。

私は、応援してくれたことへのお礼を言いたかったのと、彼女が私のところへ来てくれたことをご家族に伝えたくて、思い切って彼女の実家にハガキを出した。

そうしたら、お母さんからお返事をいただき、そこには、彼女が夢に現れたことは、今なお、私たちの心の中に彼女が生きていることの証だと書かれていた。

 

夢で会えたら。

もちろん現実に会えるのが一番いいのはわかっているが、大人になれば、そうもいかないことも多い。会いたい人に会えないのは、夢も現実も同じなのである。

 

次に見る夢は、どんな夢だろう。誰に会えるのかな。

たくさんの奇想天外な夢の合間に、時折、晴れ間のような夢で、思いがけない人がひょっこり会いに来てくれるといいなあ。

 

夢で会えたら。

人生も折り返しに差し掛かり、夢で会えた人には、思い切って連絡してみようかな、なんて思ってみる。